FC2ブログ

プロアカペラグループ紹介⑥ The Idea of North

こんにちは!3年目幹事長のうらちゃん(舞台美術/デザインセクション)です!
新人の皆さん、新歓楽しんでますか?まだまだ新歓は続くのでぜひ来てくださいね☺️

今回僕はプロアカペラグループの"The Idea Of North"さんを紹介したいと思います!

"The Idea Of North"はオーストラリアのプロアカペラグループで、1993年に結成されてからメンバーを入れ替えつつ今日まで活動しているグループです。(SCSではよく"North"と呼んでいます笑)

今までは男性2名女性2名の混声4人のグループとして活動していたのですが、なんと2018年に日本のジャズ・ボーカルパーカッショニストである北村嘉一郎さんが正式に加入。現在は混声5人グループとして活動しています!
北村嘉一郎さんはTRY-TONEの元メンバーでもあるんですよ!

そして今回の記事では主に4声時代のNorthについて触れていこうと思います。
早速こちらの曲をお聴き下さい!


Stevie Wonderの名曲、"Isn't she lovely"のアカペラアレンジです。
Northといえばコレ!となる人は結構多いと思います。美しいハーモニーもさることながら、個々のメンバーが高い技量を持っていることが伺えますね。

Northはジャズやボサノヴァ、賛美歌など幅広いジャンルの曲を4声というミニマムな構成で演奏していて、「これホントに4人なの!?」ってくらい1曲1曲のハーモニーが密なんです!

また、Northは同じ曲を何回もアルバムに収録したりライブで演奏していますが、冒頭にも触れたようにメンバーを入れ替えながら活動しているので、メンバーが異なると声質も変わってくるから同じ曲でも雰囲気が違ったりして1曲で2度も3度も楽しめちゃいます!
年代順でアルバム聴いていくと「あ、ここでメンバーが変わったんだな〜」というのが分かって楽しいですよ!

ここまで色々言ってきましたが、色々と聞いてみるのが1番だと思うので、ここで僕が大好きなNorthの曲をいくつか紹介していきたいと思います!

①Man In The Mirror


皆さんご存知、マイケル・ジャクソンの名曲のアカペラアレンジです。パワフルな歌声の原曲とは打って変わってとても繊細な曲に仕上がっています。

②Mas Que Nada


ボサノヴァの中でも有名なナンバーです。
陽気なボサノヴァのリズムを歌詞無しのオールスキャットで歌い上げています。
聴いていると思わず体が動き出しちゃいます!
※スキャットとはStand by meのsha la la la~やオリビアのwooなどのことです!

③No More Blues


同じくボサノヴァからもう1曲!4人の息がほんとにぴったりで、聴くだけじゃなく観ても楽しい1曲です!

④Down In The River To Play


アメリカで古くから歌われている黒人霊歌(黒人奴隷にキリスト教が広く布教し、白人の宗教歌とアフリカ独特の音楽的感性が融合して生まれた歌謡)です。1人での歌い出しから徐々に増えていって4人でハモってるところがとても好き。爽やかな曲調なので目覚ましにぴったりかも?

⑤Keep My Supper Warm


これでラスト!落ち着いたベースのリードソロで空気をぐっと掴んで、そこから妖艶なコーラスで曲が一気に色付く感じが本当に本当に大好きな1曲。無限リピすることもしばしば。


いかがだったでしょうか!Northはほんとに曲が沢山あってここで紹介できたのもほんとに一部です!ぜひ色々と聴いてみて自分のお気に入りの1曲を探してみて下さい!
SCSは石を投げればNorth好きに当たると言っても過言ではない(※流石に過言です)ので、新歓練習会でNorthの話すれば旧人がお話出来ること間違いなしですよ!

それでは新入生の皆さん、新歓でお待ちしてます!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント