FC2ブログ

プロアカ紹介記事②~TRY-TONE~

プロアカ紹介記事(TRY-TONE編)

皆さんこんにちは!SCS3年目のじゅんじです。

この記事では私が愛してやまないプロのアカペラグループであるTRY-TONEの全貌に迫っていきたいと思います!!!!

TRY-TONE1.jpg ( http://www.try-tone.net/profile/index.htmlより)

 

まずは、TRY-TONEの演奏動画をどうぞ!!

 

メンバーの皆さんが笑顔でとても楽しそうに歌ってるのが印象的ですね!

「え・・・?なんでメンバーの数が写真と違うの!?!?!?」

そう思ったそこのあなたのためにTRY-TONEのメンバーを紹介!!

 

動画左から

 ・多胡 淳(たご あつし)

  TRY-TONEの現リーダー、パートは3rdを担当。

  コーラスでの細かいフェイクと太い声が特徴的。

 

 ・青木 肇(あおき はじめ)

  TRY-TONEの二代目Bass vocal

  独特のスキャッティングとボイスパーカッションのような音を混ぜながらグルーヴを生み出す。

 

 ・松永 ちづる(まつなが ちづる)

  一番高いパートであるTopを担当。圧倒的歌唱力、ビブラートが化け物。

 

この3人は現在もTRY-TONEとして活動していますが、

残念ながら残りの二人はすでにTRY-TONEを脱退しています。

 ・渡辺 愛香(わたなべ あいか)

  担当パートは2nd、二代目でした。1996年に加入し、2015年脱退。

 

 ・多胡 オサム(たご おさむ)

  4番目の音を歌っているこの人は多胡淳さんの実の弟。

  1993年〜1995年まで所属、2008年に再加入し2015年に脱退。

 

 

ここからさらにTRY-TONE深く長い歴史をさかのぼっていきたいと思います!!

その原点はリーダー・多胡淳の学生時代にあります。

多胡淳さんは現在僕たちが所属している早稲田大学のアカペラサークルであるStreet Corner Symphonyで活動していました。(つまり、ぼくらの大先輩になります・・・!!)

6to1」というグループを組み、Take6The Singers UnlimitedThe Manhattan Transferの楽曲に取り組み没頭していました。

「ああ、こんなことしながら生活できたらいいなぁ・・・。」と秘かに考えていた彼ですが、

メンバーの就職などにより解散、その後残ったメンバーは多胡淳さんを含め3人であり、

残りの二人が

 ・貞國公洋(さだくに きみひろ)

  TRY-TONEの初代Bass vocal。現在は「ハーモウェル和声研究所」という音楽塾で所長をしている。

 

 ・川江美奈子(かわえ みなこ)

  TRY-TONEの初代2nd。現在はソロ歌手として活動中。

だったのでした。

そこに前述した松永ちづる多胡オサムが加わり、

1993年「TRY-TONE」としてついにプロデビューを果たします

 

古い映像のため判別が難しいですが、この動画の演奏はおそらく初代メンバーによるものだと思われます・・・!!(ありがたや・・・)

そして時は1995年と1996年に移り、グループに転機が訪れます。

95年にオサムさんが脱退すると、

 

 ・北村 嘉一郎(きたむら かいちろう)

  4th/ボイスパーカッションを担当。本物のドラムのように聴こえるボイスパーカッションは圧巻。

 

がグループに加入。

96年には貞國さん川江さんが音楽留学のため脱退してしまいます。

グループをなんとか続けるべくメンバーを必死で探し、

サークルの先輩である青木さんと後輩の愛香さんが加入することになります。

 

当時のメンバーによる演奏がこちら↓↓↓

クリスマスソングの定番ナンバーを独特の和音構成でアレンジしてますね!

ハーモニーがとっても綺麗!

特にサビの部分の全員字ハモ(全員が同じ歌詞を違う音で歌うこと)が本当に美しい。

そして時間は飛んで2007年、ボイスパーカッションの活動に専念するため嘉一郎さんが脱退。

なんと翌年の2008年に弟・多胡オサムが帰ってきます!!

 

そのメンバーになってからの圧巻の演奏がこれだ!!!

TRY-TONEらしい和音、厚いハーモニーで「君が代」を歌い上げています!!

こんな国家斉唱聴いたことがありません笑笑、もう笑っちゃいますねwww

 

このメンバーになってからのTRY-TONEをぼくは特に好きで

次の二つのアルバムをとても推してます!!

 

まず一つ目はこのアルバム!

『虹色のハーモニー』(2008

 虹ハモ

http://www.try-tone.net/top.htmlより)

1.        Overture ~Rainbow Harmony~

2.        虹色のハーモニー

3.        Raindrops Keep Falling On My Head

4.        花のちるらむⅡ

5.        Down Town

6.        アカペラでゆこう

7.        約束

 

はい!もう!最高ですね!

『虹色のハーモニー』や『アカペラでゆこう』(記事の最初に載せてある動画の曲です!)のように明るくて元気をもらえるような曲や、

Raindrops Keep Falling On My Head』、『Down Town』のように名曲をTRY-TONEらしくアレンジした曲もあります!

ちなみにアルバムの最後に収録されている『約束』は多胡兄弟が作詞作曲をしています!

兄弟が再び揃って、しかも一緒に曲をつくるなんて・・・なんだか泣けてきますね・・・!!

 

そしてもう一つのアルバムは・・・

 Gift.jpg

http://www.try-tone.net/top.htmlより)

Gift』(2011

1.        L-O-V-E

2.        しあわせもあこがれも

3.        きみはぼくのともだち

4.        From The Bottom of My Heart

5.        Blame It On My Youth

6.        歌声に包まれたなら

7.        誓い〜Promise For Tomorrow

 

英語の楽曲が多く収録されているアルバムですが中でも

L-O-V-E』は圧巻。ジャズの和音がバシバシと決まります。

そしてそして・・・・

しあわせもあこがれも』!!!!

TRY-TONEといえばこの曲!

コーラス全員にリードが周り、ベースソロもありと盛り沢山。

実はこの曲、作詞が川江さんと貞國さん、作曲が川江さんなんです!!

初代メンバーがつくった曲を新メンバーが歌い継いでいくなんてとっても素敵ですね・・・!!

 

 

長くなりましたが、ここまでTRY-TONEの歴史を振り返ってきました・・・。

現在、TRY-TONEのメンバーは3人となりました。

3人で活動する時は「Try3(トライ・スリー)」というユニットなんですが、

今でもサポートメンバー(写真右からShin-Imayamaさん、新森春花さん)を加えて5人でライブを行っています!!

TRY-TONE2.jpg https://twitter.com/trytoneofficialより

今後のTRY-TONEの活動も楽しみですね!!

 

最後になりますが、

ここまで読んでくださった方お付き合いいただき本当にありがとうございました!

とても深く掘り下げたので読むのが大変だったかと思います・・・。

この記事を読んだことで「TRY-TONE」というプロアカペラグループのことが少しでも伝わったなら幸いです。

 

ありがとうございました!!!

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。