FC2ブログ

ジャズについて

こんにちは😊

2年目のオイデです!

いきなりですが、僕はジャズが大好きです!!

SCSに入っている先輩の多くの人も、ジャズが大好きです!

 

ジャズってどんな音楽だろう( 一一)

ちょっと気取っていて、なんだか難しそう( ゚Д゚)

このブログを読んでいる新入生は、少なからず”jazz”に興味があるのかなと思います。

でも、どうしてもとっつきにくいジャンルですよね、、、

 

今日のブログでは、ジャズとは何かについて僕なりの意見を書いていこうと思います!(^_-)-☆

 

「ジャズとは、演奏者の個性を前面に出した音楽なのです!!」

 

多くのポップスやクラシックが、「歌詞」や「メロディ」を大切にしています。それとは売って変わって、ジャズプレイヤーは自分の飛びっきりの個性を主張します!

なので、ジャズプレイヤーは原曲の音符の長さ、タイミング、音程も平気で変えてきます。。。

 

ジャズを難しい音楽と思っているあなたは、曲の歌詞やメロディに意識していませんか?聴きどころがつかめず、「あれ、なんだこれ、、、」となってしまっては行けません”(-“”-)”

演奏者の歌いまわしや、リズムの躍動感、ピッチのずれ具合などが、実は”Jazz”の本質なのかもしれません( *´艸`)

 

それでは!Jazzの醍醐味を味わいましょう( ―´)

スタンダードナンバーを、違うプレイヤーが弾くとはどんな演奏になるのでしょうか??

 

Moanin

Art Blakey(Drs)さんの演奏

https://www.youtube.com/watch?v=Cv9NSR-2DwM

Bobby Timmons(Pf)さんの演奏

  https://www.youtube.com/watch?v=cNjRQo-zpKA

Clint Ashlock’s(Sextet Combo)さん達の演奏


森田真奈美(Pf)さんの演奏


最初の3グループ(実は4つ目も)は冒頭のモチーフは同じ!!

全くアレンジが違いますね!(^^

これがJazzなのです✨

 

興味が湧いてきた方は、以下の名アルバムをきいてみてください!!

 

生出おすすめアルバムーー( ^)o(^ )

Waltz for Debby/Bill Evans

For and more/Miles Davis

Maiden Voyage/Herbie Hancock

Return to forever/Chick Corea

Basie in London/Count Basie

Fiesta/Charly Parker

 

全部聞けば、Jazzの入門はクリアしたといっても過言ではない?でしょう(‘ω’)

さて、先ほどはjazzの中でも軽めで聞きやすいものをご紹介しました。。

さらに、Jazzは範囲が広く、奥深いんです。。このようなものもJazzです!

 

GoGoPenguin(ピアノトリオ)さん達の、Garden Dog Barbecue

https://www.youtube.com/watch?v=6YE20EV1W-g

Snarky Puppy(jafunkadansion(造語))さん達の、Lingus

https://www.youtube.com/watch?v=L_XJ_s5IsQc

Maria Schneider Orchetra(Jazz Orchestra)さん達の、Choro Dancado

https://www.youtube.com/watch?v=4tzCZ5jHMtA

Tigran Hamasyan(Piano)さんの、Gypsyology

  

全部、楽器じゃん!!アカペラじゃないじゃん!!

という方へ。ごめんなさい。書くスペースが足りなくなっちゃったんです、、、

とにかく、僕が言いたいのは、ジャズとは自由な音楽なのです。アカペラでJazzをやるときは譜面や原曲にこだわってはだめです!!

個性を大切に、好きにやってみましょう‼いいんです。

(認められるかどうかは別問題ですのでご注意ください。。自己満足の音楽です。)

*ジャズ・アカペラについて知りたい方は、自由に僕や他のSCSの先輩に聞いてみましょう!

ではでは~(@^^)/~~~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。